母のはしくれ

三十代も半ばを過ぎ、赤子との日々開始。右往左往しながらの育児を四コマで記録します。

出産まで(運ばれる)

ご訪問頂き、ありがとうございます。

 

4コマ、前回からのつづきです。

 



f:id:hamgasukii:20170325053359j:image


f:id:hamgasukii:20170325053408j:image


f:id:hamgasukii:20170325053417j:image


f:id:hamgasukii:20170325053428j:image

 

破水していたら、病院まで公共交通機関では行けないのでタクシーになりますが、陣痛タクシーなら色々とそれ用の対応をしてくれる。すぐに捕まらないと困るので、何社か登録していました。

車内を汚さないよう、レジャーシートやタオルを用意しておく必要があります。まさか本当に使うとは思わなかったけど、登録しといてよかったなあと思いました。

 

しかし、きたタクシーの運転手さんは「陣痛タクシー?なにそれおいしいの?」というご様子。

私:えっ、聞いてないんですか?

運転手:なんか指示入ってたのかなあ~?なんだかよくわかんないよ。

 

デジタル配車で、その他注意点などの指示は見方がよくわかってない様子。

救急の場合などちゃんと研修受けてる方が来るようでしたが、そんな心得もってなさそう。こりゃ外れたわと思った瞬間…

一応、タオルだけ敷いて乗車。

 

色々入念に準備したのは、なんだったんだろう…

 

夫はびっくりして忘年会から向かい、私より早く着いてました。

タクシーの運転手がロビーまで連れてくるもんだと思ってたらしいですが、そんなことはない。

 

夜間受付のおじさんは産科から指示を受けたのか、車椅子を持ってきて乗せてくれました。

何度か車椅子は乗ったことありますが、その

都度なんとも言えない気持ちになります。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村